リクナビNEXT[転職者の利用者数が多く求人が集まる!]
詳細
★★★★
定番の転職サイト。転職活動はまずここからはじめましょう。50歳からの転職者にも使われる事が多く、転職の成功率も業界トップです。リクルートが管理しているため優良求人が多く揃っています。
利用者の声
良かった
圧倒的な求人数を誇るリクナビNEXTなら、キャリアアップにつながる転職ができると思い、登録した。初めての転職なので、転職ノウハウのコンテンツを熟読。転職目標を6カ月以内に置いたので、スカウトレジュメの作成に力を注いだ。登録した翌週からオープンオファーが届き始め、レジュメをブラッシュアップすると興味通知オファーが届くようになったので、希望がかなう転職ができそうだと期待している。
良かった
女性が50歳以上になって転職を考えるとき、定年後のライフプランを視野に入れなければなりません。そこで、希望の業界や職種にこだわるより、女性が長く働ける職場を探したいと思い、リクナビNEXTを選びました。求人数が豊富で、検索もしやすいので、企業探しが簡単にできるのが魅力です。転職ノウハウの「求人の探し方・選び方」も、とても参考になりました。
良かった
リクナビNEXTに登録して、一番最初に読んだのは、「『企業にスカウトされる人』の経験・スキルレポート」でした。営業・事務・ITエンジニアなど、職種別の体験談が読めるのも、業界別に対策をたてるのに有効だと思います。スカウト機能を活用するためにも、コンテンツにはできるだけ目を通すことをおすすめします。プライベートオファーをいただいた企業に応募したら、すぐに内定がでたのも、すごくうれしかったですね。
普通
リクナビNEXTから、毎週新着情報が届くのは、正直すごいなと思います。ですがクリエイティブ職の求人は、ほとんど首都圏なので、転居できない事情がある私には、辛く感じることもあります。


ビズリーチ[一人一人に希望条件の求人案内!]
詳細
★★★★
あなたの職歴や能力に応じて、プロのキャリアコンサルタントがサポート。非公開求人が9割となっているため、競争率が低く50歳以上でも採用確率が格段に上がります。
利用者の声
良かった
業界最大手で、非公開求人が多いと聞き、50歳でも満足できる求人が多いだろうと期待して、ビズリーチに登録した。キャリアアドバイザーのカウンセリングを受けたのだが、自分では予想しなかった適性や志向性を指摘され、「異業種でも十分に通用する」という言葉をもらえて、自信がついた。プロのアドバイスに従って、業界や職種にこだわらず、紹介された企業には応募していこうと思っている。
良かった
管理職として毎日忙しく働いているので、自分のペースで転職活動を行いたいと考え、ビズリーチで求人探しをすることにしました。パーソナルデスクトップに、キャリアアドバイザーが厳選した求人情報が届きますし、事前にレジュメに経歴を入力しておけば、応募手続きもボタン一つで完了するなど、すべての進捗管理ができるのが魅力です。
良かった
求人サイトやハローワークでは、希望条件に合うどころか、応募可能な求人を探すのも一苦労だった。すっかり落ち込み、半信半疑でビズリーチに登録したが、新規事業の立ち上げや極秘プロジェクトなど、魅力的な非公開求人が多く、キャリアアドバイザーが紹介してくれた企業に面接に行き、すぐに内定した。
普通
中高年の転職は、人材紹介会社の方が有利だろうと考えて、実績の高いビズリーチを選びました。ですが、地方都市で暮らす私はなかなかキャリアアドバイザーのカウンセリングが受けられず、電話とメールだけではニュアンスが伝わらないもどかしさを感じています。地方でのカウンセリングを開催してくれると、とてもうれしいのですが…。


転職は年齢が高くなればなるほど難易度が高くなるという意識は皆さん共通してお持ちです。50歳にもなれば尚更その焦りが強くなり、転職を諦めてしまう人もいるかもしれませんね。そういったケースの方にも是非読んで頂きたい情報をこちらのサイトからお届けします。

50歳という年齢では給与や待遇の面からの転職希望ばかりでない事が多くなります。働く環境や仕事の内容や体力的な面などが自分に合わなくて転職したいという人も増える年代です。転職や再就職が厳しいと言われる世代ではありますが、何とかして自分にとってベストな職場に巡り合う為の解決策を手に入れてください。

そこで先ずは実際の行動を起こす前の準備が大切です。例えば以前に転職に成功した方の例やノウハウなどにも目を通しておくことをオススメします。実際に行動を開始してから「しまった!」というのでは、50歳の転職では思わぬ失敗をしてしまうことになりかねません。

そういった時に便利に使えるのが転職サイトですね。転職サイトは単なる仕事探し以外でもとても優良な情報が沢山配信されています。ところが、WEB上に存在する多くの転職サイトの中には自分に合わない物も有るはずです。不要な情報に埋もれてしまうのではなくて、50歳の今の貴方に一番役立つサイト利用により円滑な転職活動を進められるように、こちらのサイトでサポートして行きますので、簡単に諦めずに転職を成功させてください。

1.転職サイトとハローワーク

転職活動に利用できるものと言えば、転職サイトやハローワークが思いつきます。しかし、50歳以上の転職となると、使うところを選ばなければいけません。実は普通の転職サイトでは、意外と年齢制限がある求人が多く出回っているのです。
 
ですからせっかく応募したとしても、年齢ではじかれてしまうことも考えられます。50歳以上の転職では求人の年齢層が広いハロワを重点的に利用し、転職サイトを利用する場合は、中高年向けの求人を多く扱うサイトを利用するようにすると効率よく仕事を探すことが可能です。

2.人脈を使うことも大切

「コネを使うのはなんとなく嫌」という方は多くいらっしゃいます。確かに万が一仕事を辞めることになった場合気まずいですし、何となく周りの目も気になるものです。
しかしかつて一緒に仕事をした仲間などの人脈を利用することだって、立派な転職活動になります。

とくに50歳以上で転職をする場合は、できればそこから定年まで働き続けたいと思う方が多いでしょうし、どんな職場かわかっていれば転職に向けての準備もしやすいですよね。もし頼れるものがあるのであれば、知り合いや仕事仲間を頼ってみるのも良いかも知れません。

3.面接官の立場になって考えてみる

転職の一番重要なポイントと言えば「面接」です。特に50歳での転職は、若者との面接とは見られるポイントが少し変わります。面接官はどんなところを見ているのでしょうか?気を付けたいポイントを確認しましょう。

ここがポイント!

  ・ポイント1 企業の業績に直結する経験や資格は持っているか?
  ・ポイント2 部下の指導などコミュニケーション能力に問題はないか?

 年齢的にも、企業は即戦力を求めています。しかもスキルがあるかどうかだけではなく、新しい職場で柔軟に、周りと上手くやって行けそうかも大変重要になるのです。仕事の経験と協調性、両面からアピールしたいですね。

おわりに

50歳からの転職は求人も少なく、20代の転職活動とは違い、中々困難な道だとも言われています。だからこそ、ハローワークや人脈を上手に利用し、面接でも後悔の無いように準備することが大切なのです。利用できるものは積極的に利用していきましょう。